R-1乳酸菌の効果は?|NK細胞を活性化して癌予防

R-1乳酸菌の効果の真実

最近注目されつつある“R-1乳酸菌”。
乳酸菌によって得られる効果は変わってくるのですが、R-1乳酸菌にはどのような効果が期待できるのでしょうか。
腸内環境を整えたい人、便秘を何とか解消したい人は必見です!

免疫機能の活性化

インフルエンザや風邪、ノロウイルス、アレルギーなどなど、感染症にかかってしまう人が増えてきています。
免疫機能が正常に働いているのであれば体内に入ってきた菌を体外に出そうとしてくれるのですが、免疫機能が低下しているとその力もありません。
菌を体内で繁殖させ、体に異常をきたしてしまうのです。
免疫機能を活性化させることは健康を維持し続けるためにはとても大切なことと言えます。
R-1乳酸菌はその免疫機能を活性化してくれる働きをもっているのでオススメ。
もとから体が弱い人は免疫機能を高めるためにR-1乳酸菌を摂取してみてはいかがでしょうか。

NK細胞(ナチュラルキラー細胞)の活性化

“ナチュラルキラー細胞”と呼ばれている細胞をご存知でしょうか。
ナチュラルキラー細胞を増やしてくれる力をR-1乳酸菌はもっているのですが、これは免疫機能を高めるために欠かせない存在です。
悪い細胞を体からなくしてくれますし、良い細胞だけを体の中に維持し続けることができるでしょう。
R-1乳酸菌はがん細胞もやっつけてくれることで注目もされています。
日本人の死因トップ3の中にも含まれている「がん」。
がんのもととなる細胞をカットしてくれるR-1乳酸菌はとても優秀ですね。

腸内環境が整えられる

乳酸菌の代表的な効果ともいえる、腸内環境を整えてくれる力。
R-1乳酸菌にも腸内環境を整えてくれる作用をもっており、便秘の原因となる老廃物や毒素を体外に排出してくれます。
腸内環境が良くなけば次第に免疫機能も向上し、健康的な体質に改善することができるでしょう。
なかなか便が出ない…という人は腸内に悪玉菌がうようよしています。
R-1乳酸菌を摂取し、腸内環境をキレイにしてみてはいかがでしょうか。

R-1乳酸菌を取るとNK細胞が活性化

深く関係しているR-1乳酸菌とNK細胞。
NK細胞とはナチュラルキラー細胞とも言われており、免疫機能の向上には欠かせないものとなっています。
R-1乳酸菌はNK細胞をたくさん増やしてくれる乳酸菌なのです。
この2つの関係性について一緒にみていきましょう。

NK細胞とは…?

名前は聞いたことがあるけれど詳しく知らない…という人も多いのではないのでしょうか。
簡単に説明すると、NK細胞は私たちの免疫能力を高めてくれるものです。
免疫機能を働かせるためにさまざまな細胞がありますが、その中でも即戦力となるのがNK細胞となっています。
即戦力のある免疫細胞であるため、NK細胞が体内に多ければ多いほどどのような菌・悪い細胞もすぐに攻撃し、体外に排出してくれるでしょう。
最近はさまざまなウイルスが日本で流行していますが、NK細胞さえ体内に備わっていれば感染症を未然に防ぐことができるのです。
NK細胞は免疫細胞において最前線の、健康維持に大きな力をもたらすものと言えます。

NK細胞を活性化させるのが“R-1乳酸菌”

免疫機能の中でも効果的なNK細胞を活性化させるのがR-1乳酸菌です。
R-1乳酸菌がほかの乳酸菌と違うのは、この力を持っているからなのではないのでしょうか。
なぜR-1乳酸菌がNK細胞を活性化させるのかというと、それは“多糖体”が大きく関わっています。
R-1乳酸菌は多糖体を多く生み出してくれるのですが、この働きを“免疫賦活作用”と呼ばれています。
免疫賦活作用は免疫能力には欠かせない作用です。
R-1乳酸菌を積極的に摂取することで多糖体を増やし、NK細胞の活性化につながることができるのでR-1乳酸菌はとても健康に良い乳酸菌なのです。
どのような乳酸菌を摂取しようか悩んでいる人、免疫機能を上げたい人はオススメ!
NK細胞が多ければ多いほど免疫機能が正常に活動し、悪い細胞を次々と体外に排出してくれるでしょう。
要チェックです!

NK細胞を活性化して癌予防

NK細胞は癌対策になるのではないかと考えられており、NK細胞を活性化してくれるR-1乳酸菌が注目されています。
なぜNK細胞は癌対策となるのか、R-1乳酸菌とがん細胞の関係性について詳しくみていきましょう。
死亡率№1となっている「癌」。
日ごろの生活からがんを引き起こさないために気をつけておきたいものです。

癌細胞を攻撃してくれる細胞

免疫細胞にもさまざまなものがありますが、NK細胞(ナチュラル・キラー細胞)はとくに癌細胞をやっつける力が強い傾向がみられます。
ほかの細胞よりも攻撃力が高く、即効性があるのです。
癌細胞はどれだけ健康な体の人でも毎日およそ3,000個~6,000個もできていると言われています。
そこから悪質の細胞が住みつき、癌を発生させてしまうことになるでしょう。
細胞を成長させないためにも免疫細胞が働き、どんどん癌細胞をやっつけていかなければなりません。
なぜ癌が成長するのかというと、免疫細胞よりも癌細胞の働きが強いからです。
より強い免疫細胞を体内に存在し続けるためにもNK細胞は重要なものとなってくるでしょう。
NK細胞の働きを活性化してくれるのが、R-1乳酸菌となっています。

NK細胞はほかの免疫細胞も活性化させる

癌細胞をやっつけてくれることだけがNK細胞の働きではありません。
もうひとつ注目してほしい働きがあります。
それは、ほかの免疫細胞も活性化させる働きをもっていることです。
特定のがん細胞をやっつけてくれる獲得免疫系“細胞障害性T細胞”の働きを促してくれることで注目されているようですね。
NK細胞が1番の攻撃性をもっていますが、悪い細胞をすべてやっつけるためにはさまざまな免疫細胞を活性化させていかなければなりません。
悪い細胞をやっつけるだけでなく、ほかの免疫細胞も活性化してくれるNK細胞は優秀です。
がん対策として何かしなければ…と思っている人はNK細胞を増やすために積極的にR-1乳酸菌を摂取していきましょう。
R-1乳酸菌はヨーグルトやサプリメントで摂取することができます。

↑ PAGE TOP